【FF14】学者カンスト!学者の使用感など

リアルでいや~なことがあり、軽く引きこもっていたらもう今週も半ばなんですネ。
11月~12月はあまり好きな季節じゃありません。ほんと時間の流れが早くて焦る。
年が明けると私はすぐ年とるしな \(^o^)/←1月生まれ




FF14はだらだら~とでも毎日継続して育成していた学者がようやくカンスト!



Lv50のジョブクエはワンダラーパレスソロ特攻という戦慄するイベント。
まぁ難しくなかったけどビビッたがな!!
このイベでワンダラーパレスやトンベリの秘密が明かされる。
おぉっ!と衝撃&感動したのでぜひ全員学者を育成すべきだねこれは!

まぁこれで白魔道士、黒魔道士、学者(召喚士)のソーサラー3ジョブがカンスト。
ネトゲでは3キャラはカンスト、という謎の自分ルールがあったのでこれで達成したわけであります。
めでたしめでたし。

 

 
AFコレクション。
ウームうちの子はツインテのせいかあまりカッコイイ格好は似合いませぬな・・・ (´・ω・`)



学者は帽子もあるのだけどこれが・・・メガネもセットでどうなのというw


ニーソなのは評価しよう。

学者は地味な格好だな~と、あまり好きじゃないけれど「軍医」という設定ならこういった姿で合ってるのかも。
カーキでミリタリー色、軍の章ブローチでカンペキっすな!
胸元の露出はおさえたけどミニスカなのがよくわからないけど!

召喚もFATEでやっている内楽しくなってきたから、できればどっちもジョブやりたかったんだけどなぁ。
学者と召喚フィジカルが一緒なのは解せぬ。修正はよう! (゚Д゚ ≡ ゚Д゚)


最後に学者を使ってみた感想などを。


【個人的に感じた新生FF14の学者の感想】
操作難易度     ★★★☆☆ (ペットがちゃんと使えれば白よりも楽。強い。)
やりがい       ★★★★☆ (責任感はあるけどやりがいはある!)
楽しさ         ★★★★☆ (白より派手なスキルが多くて楽しいw)
マゾさ         ★★★★☆ (ペットが使えるかでry)
AFの見た目     ★★☆☆☆ (私の好みではなかったw 配色がなぁ~)

白と学者両方はそれなりにID通って育成してみた。
操作難易度だけ見ると学者の方が簡単だったかなー。
ペットの操作を序盤からちゃんと練習しておくと、後半IDでグンと楽になると思う。
私は基本セミオーダーで、ボスだとピースにしている。
ただmobを倒すと指示がクリアされる??ようなので、ボスの召喚ザコ倒した後はまた指示し直さないといけないね。
私はフェアリーはエオスばかりだね。
バフのセレネもいいけど、私は回復をエオスに任せて自分はクルセードして攻撃補助した方が効率がいいと思う。
実際聞いてみたところ、スペル/スキルスピード30%アップはあまり効果を体感してない人が多かったので・・・ ^q^
クルセード使ってのシャドウフレアはかなり強いですよ・・・!
ただし盾がしっかりしている場合しか使えないけどねw

あまり使う人を見ないけど「野戦治療の陣」はもっと活用すべき良スキルだと思う。
学者は白と比べ、睡眠スキルがなく回復量も少ない。
リジェネは妖精スキルにあるけど、白と比べると半分ぐらいの効果かなw
(MND極フルDLでラウズ+フェイルイルミネーションを使いようやく280~290)

そのため、対多数や攻撃力が高いmobとの戦闘が苦手と見える。
ちょっとmob量が多いなーと感じたら陣をはり、ウイルス、アイ・フォー・アイをかけて上げるといい感じ。
アイ・フォーはクールタイムちょっと長いから、使いどころ考えないとだけど!


学者はまだまだ手になじんでいないので、これからどんどんIDやCF行って慣れたいところ。
また気づいたことがあったら書き足します!!



ブログパーツ
 人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:FINAL FANTASY XIV - ジャンル:オンラインゲーム

コメント
コメント
どれもいい感じですね!

特に右下の感じが一番好きかな^^

あと学者のニーソがたまらんw
2013/11/16 (土) 21:42:47 | URL | なみへい #-[ 編集 ]
Re: タイトルなし
なみへーさんは召喚士がお好み・・・っと φ(。。 )
そろそろFF14をはじめる頃合ですね!
消費税が上がる前にPC買い替えです!(誘惑
2013/11/21 (木) 19:12:28 | URL | ねむこ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 nemuKo.   all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.